自分の人生を生きる

10年前位まで芸能ニュースが大大好きでした。

当時は最新芸能ニュースのメルマガが届くように設定していたり、一日に何十回も芸能ニュースのサイトをみたりしていました。

気になる芸能ニュースの時は、ワイドショーを録画してみていたほどです。

 

今はほとんどテレビはみないのですが、インターネットで芸能ニュースはたまにみてしまいます。

○○の結婚や○○の離婚・○○の熱愛発覚など、今考えると10年前位はどうしてあんなに興味を持っていたのか不思議なくらいです。

当時の私ですら、どうしてこんなに芸能ニュースに興味があるのかな~と周りの人に話をしていたほどです。

 

メンター(私が勝手に思っているだけです…)の動画を視聴して、10年前位の私の芸能ニュース好きがわかったような気がしました。

自分の人生を生きよう、他人の人生は生きない

やることがわからない時は、他の人が気になる

 

10年位前の私は、まさに「やることがわからない時は、他の人が気になる」状態だったと思いました。

当時はフルタイムで働いていたので仕事中心の生活。

休みの日は疲れていて眠るのが楽しみ。

人間関係のストレスは、食べることか愚痴を言うことで発散。

 

こうやって書き出してみて、自分自身のことながらあまり良い行いはしていないなと反省してしまいます。

 

フルタイムで働くことに心身ともに疲れていたのですが、独身ならフルタイムで働くことが当たり前と思い、歯を食いしばりながら頑張っていたと思います。

(現在は結婚し子育て中なのでパートで働いています。週2~3日のパートが精いっぱいの状態です。)

 

フルタイムで働くことは今の私には肉体的にも精神的にも無理だと思います。

フルタイムで働いていた昔の私のことは褒めてあげたいです。

 

当時の私はフルタイムで働くことが辛かったけれどもそれが当たり前。

実家の父は、「働かざる者食うべからず」的な考えの持ち主です。

給与の高い低いは関係なく一生懸命働いていることが偉いと私も思い込んでいたのですが、心の奥底ではこんな生活ツラいよ~思っていたんだと思います。

 

昔から私は、ゆっくりできる時間・一人で過ごす時間がとにかく大好きでした。

フルタイムで働いていると、なかなかゆっくりとできる自由な時間は持てないですから。

 

当時の私は自分の生活を変えたいけれど、何をしていいのかわからない…状態だったと思います。

会社でフルタイムで働くこと以外に、お金を稼ぐ方法があるなんて思いつきもしない位、とにかくどこかの会社に所属して働かなくてはと思っていました。

 

やることがわからないから、自分の生活とはまったく関係ない芸能ニュース(他の人が気になる)に夢中になっていたのではと今では思います。

 

今の私は、自宅でひとりでパソコンとインターネットを使い継続して十分な半不労所得を得る、という目標があるので芸能ニュースには興味がなくなったのだと思います。

まだインターネットでネットサーフィンをしてしまうのは、学びが足りていないからだと思います…。

 

自分の人生を生きることができるよう、メンターの動画や教材・メンターのメンターの教材を素直に謙虚に学び続けていきます。

読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事